ダイエットの停滞期・・・。一体どうやって乗り越えたらいいの?

ダイエットには停滞期が付き物ですよね。

順調に減量していると思っていたのに、急に体重が減らなくなる・・・
やる気がくじけるし、停滞期はダイエットの失敗に繋がります。
なんで、停滞期があるんでしょうか。

停滞期が起きやすいダイエットは、置き換えダイエットなどのカロリー調整ダイエットと言えます。

運動に伴うダイエットでは、それほど停滞期は起きません。
それは、人の体が環境に慣れる事と関係します。

人が1日活動する為に必要なエネルギーを消費エネルギーと言いますよね。
そして、人が食べ物から摂取するエネルギーはカロリーで表されますね。

1日に必要な消費エネルギーよりも摂取したエネルギーの方が多ければ、人は太ってしまいます。
消費エネルギーよりも摂取したエネルギーが少なければ、痩せていきます。
これは、基本中の基本ですよね。
もちろん、痩せていく過程には体脂肪から痩せたり筋肉量が減ったりと色々ありますが。

置き換えダイエットなどのカロリー調整ダイエットは、消費エネルギーよりも摂取エネルギーの方が少ない為、体重が減っていく事になります。

でも、人の体は環境に馴染むように出来ているので、摂取するエネルギーが低い状態のまま一定期間を過ごすとその環境に慣れてしまいます。
どうなれるのかと言うと、消費エネルギーが少なくなるんですね。

摂取エネルギーが低いままでも活動を続ける事が出来る様に、省エネ体質に変わってしまいます。
この機能の事を、ホメオスタシス機能と言います。
この体質の変化が停滞期の原因となります。

置き換えダイエットで今まで通り摂取エネルギーを制限していても、体質が省エネ体質に変わってしまった為、消費エネルギーと摂取エネルギーの関係がほぼ同じ、もしくは消費エネルギーの方が少なくなるのです。

こうなると、当然体重は減りません。
逆に増える可能性だってあるんです。

でも、ホメオスタシス機能は一定期間同じ状態が続くと解除される性質を持っているそうです。

順調に体重が減ると、一定期間「慣らし」の期間が入るわけですね。

だから、ダイエットは長期間計画や無理な目標を立てず、実現可能な目標を立てて、じっくり行う方が良いんですよ。
このホメオスタシス機能が活動中にダイエットを止めてしまうと、省エネ体質の状態で食事から多くのエネルギーを摂取する事になり、リバウンドを起こしてしまいます。

ダイエットを行う場合は、じっくり「体重を維持する期間」を想定する事が成功の秘訣かもしれませんよ。

コメントは受け付けていません。